アレルギー性鼻炎薬

アレルギー性鼻炎薬・ジェネリック

アレルギー性鼻炎薬・ジェネリック

最近では、テレビのCMなどで「ジェネリック医薬品」という言葉を良く聞くようになったので、「ジェネリックって何?」と思う人は少なくはなっているように感じます。

 

「ジェネリック医薬品」とは、医薬品メーカーが独自に開発した「新薬」(先発薬)に対して、その新薬の特許期間が満了した後に、他の製薬メーカーによって製造販売されるお薬の事なんです。

 

オリジナルと名前などは全く違うので、まるで別のお薬のように感じられますが、基本的に成分は新薬と一緒で効果も全く新薬に見劣りしません。

 

そして、最大のメリットは価格の安さです。

 

新薬ほど開発費や時間がかからないため、価格を安く抑える事が可能なんですね。

 

ちなみに、新薬を作るためには300億円以上の開発費と、約9-17年という膨大な時間がかかるんです。

 

とくに、アレルギー性鼻炎のお薬は値段が結構高いので、ジェネリック薬を上手に使った方がコストパフォーマンスが非常に高くなります。

 

患者さんの中には、お薬代を安くする為に病院での保険診療を選択する方もおられるそうです。

 

たしかに、アレルギー性鼻炎のお薬は服薬期間が通常2ヶ月という長期間に及ぶので、安いに越したことはないですよね。

 

病院からの処方、ドラッグストアーからの購入、もうひとつインターネット通販を利用して購入する方法があります。

 

ネット上のウェブサイトから「個人輸入代行業者」を経由して購入するかたちなんです。

 

ほとんどの業者は送料などは無料にしているので、結構お得感のある値段で購入する事が可能になります。

 

ただ、中には偽造品(ニセモノ)を平気で扱っている「悪徳業者」も多く存在するので、注意が必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ