アレルギー性鼻炎薬

アレルギー性鼻炎薬子供

アレルギー性鼻炎薬子供

最近の調査によると、新生児の二人に一人はアトピーを持っているとの結果もあるそうです。

 

そんな子供たちも、アレルギー性鼻炎で苦しんでいるのが実態なんです。

 

子供のアレルギー性鼻炎は、適切な治療を受けないと中耳炎、副鼻腔炎などの合併症や発育障害、顔面の伸長化が見られるようになるため、注意が必要です。

 

子供の場合は扱える薬品に制限が加わるため、経口抗ヒスタミン薬としてはザジテン、抗肥満細胞薬としてインタールが治療の中心となります。

 

市販薬の多くは成人用で、子供に適さない事も少なくないので、必ず耳鼻咽喉科を受診したうえで、子供に適した薬を処方してもらいましょう。

 

例えばスギ花粉でアレルギー性鼻炎が起きる経過で説明します。

 

まずスギ花粉が鼻の粘膜につくとこのスギ花粉が抗原となりそれに対するアレルギー反応を起こす抗体が免疫グロブリンEにできます。

 

アレルギー体質の子どもはこの免疫グロブリンEができやすく、このできた抗体が肥満細胞につきます。

 

この状態を「感作された」といいます。

 

次に再びスギ花粉が鼻の粘膜につくと肥満細胞とくっついているスギ花粉に対する抗体である免疫グロブリンEとさらに結合します。

 

その結果肥満細胞内にある化学物質が外に出ます。

 

これを脱顆粒(かりゅう)現象と言います。

 

この化学物質が鼻の粘膜に反応してアレルギー性鼻炎の症状を引き起こすのです。

 

同様の反応は気管支喘息でも気管支粘膜で起こります。

 

このときの抗原は主にハウスダストやダニです。

 

なんだか複雑で良くわかりませんが、アレルギー体質の子供は花粉症やアレルギー性鼻炎になりやすいと言うことなんですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ