アレルギー性鼻炎薬

アレルギー性鼻炎薬症状

アレルギー性鼻炎薬症状

アレルギー性鼻炎の症状は副交感神経の働きが優位になると起こりやすいため、朝夕に症状が強く出やすいのが特徴です。

 

具体的な症状は、鼻に関しては透明でサラサラした鼻水が沢山流れ出たり、鼻の奥がムズムズする、くしゃみが何度もたて続けに出る、鼻の不快な症状が1週間以上つづく 、鼻がつまって口で息をする 苦しくて眠れないなどです。
のどに関しては、のどが痒い、いがらっぽい、のどが痛い、味覚がはっきりしないなど。

 

その他、顔が腫れぼったくなる、肌がピリピリした感じになる、化粧のノリが悪くなる、皮膚がかぶれる、頭痛、発熱、目のかゆみ、目の充血、涙目、目ヤニと腫れと涙でショボショボして目を開けられないなどの症状が見られます。

 

アレルギー性鼻炎の症状としては、風邪を引いているわけでもないのに、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが起こるのが特徴です。

 

その原因として考えられるのが、自律神経のバランスが崩れている事です。

 

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、両者がバランスよく働くことで私たちの身体の健康が保たれているんです。

 

日中活動する時は交感神経が働き、夜から朝にかけて体を休めているときは副交感神経が活発に働きます。

 

ただ、スギ花粉が飛散する季節は、かぜやインフルエンザが流行する時期と一部重なります。

 

そのため鼻水ひとつとっても、かぜによるものかアレルギーによるものか、さらにアレルギーでも原因が花粉症なのかハウスダストなのかを診断しなければ、有効な対策を立てることはできません。

 

アレルギー性鼻炎は、いろいろな要素が複雑に絡み合って発症する厄介な病気と言えます。

 

中国では大気汚染によって、PM2.5という汚染物質が大量に発生し社会問題化しています。

 

そのような物質によっても、アレルギー症状が引き起こされるのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ