アレルギー性鼻炎薬

サイト情報

サイト情報

春先になると、マスクをした人をたくさん見かけるようになります。

 

いわゆる「花粉症」の歴史はそんなに古いことではなく、1960年頃から急増しているんですね。

 

その原因は、農林水産省が推奨してきた大規模スギ植林にあるんです。

 

戦後復興や都市開発などで、日本では第二次世界大戦以後木材の需要が急速に高まったにもかかわらず、国内木材の供給量は不足気味であったため、国策として林業の拡大と造林が行われました。

 

その一環として各地にスギやヒノキなどの成長率が高く建材としての価値が高い樹木の植林や代替植樹を大規模に行い、そのことでスギ花粉の飛散量も爆発的に増加することになり、大量のスギ花粉を浴びることになった日本人がスギの花粉症を発症することにもつながってしまったんです。

 

その後高度経済成長を経て日本では林業が衰退し、木材も外国からの質が良くて安い輸入品に押されて国内スギの需要が低迷するようになったため、大量に植えたスギの伐採や間伐なども停滞傾向となり、花粉症の原因物質であるスギが増加していることも花粉症患者の増加傾向の要因となっています。

 

さらに、都市化により土地が土や草原からアスファルトやコンクリートなどの花粉が吸着・分解されにくい地盤となり、一度地面に落ちた花粉が風に乗り何度も舞い上がって再飛散するという状態が発生するようになりました。

 

加えて排気ガスや工場からの排気などの光化学スモッグなどを長期間吸引し続けることでアレルギー反応が増幅され、スギ花粉症を発症・悪化させるという指摘があり、これら日本の都市化によって花粉症の発生が起こるようになったと考えられます。

 

いまでは、離島を除く日本全国で、花粉症の症状がみられるようになってしまいました。

 

このサイトでは、市販薬ではなかなか効果のない人や、眠気が酷くなる人などにお薦めしたい第二世代抗ヒスタミン薬を紹介していますので、参考にしてみて下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ