アレルギー性鼻炎薬

アレルギー性鼻炎薬/眠くならず良く効く理由を説明します

アレルギー性鼻炎薬

アレルギー性鼻炎の原因も多種多様で、花粉症のように短期間にに発生するものは、使う鼻炎薬も割合限られてきますが、通年症状が現れるダニやカビによるものはなかなか薬の効果が実感できない物が多く見受けられます。

 

治療に関しては、ガイドラインが作成されていて、まずは十分に症状、アレルギー反応を抑えて、徐々にステップダウンしていく方針がとられます。

 

アレルギー性鼻炎の市販薬は、沢山の種類が発売されていますが、全体的に言えるのは副作用として強い眠気に襲われることです。

 

 

最近では、眠気をあまり催さない、第三世代抗ヒスタミン薬であるアレグラやクラリチン (Loratadine) が用いられているお薬も出てきています。

 

アレルギー性鼻炎薬で中心的な薬物は、経口抗ヒスタミン薬です。

 

また点鼻薬は基本的に鼻中隔(鼻の中を左右に仕切る壁)に当てないように鼻の外側に噴射します。

 

特に血管収縮薬、ステロイドでは鼻中隔穿孔(鼻中隔に穴があく症状)が報告されています。

 

アレルギー性結膜炎を合併した場合は、ザジテン点眼薬を用いることもあります。

 

 

近くの薬局で市販薬を購入する方が多いと思いますが、アレルギーの原因はさまざまなので、一度専門のクリニックを受診してから、どの薬が自分に合うか判断したほうが良いと思います。

 

 

アレルギー性鼻炎薬の種類も非常にたくさんあるので、どれが自分に合ったものなのかを判断するのは、素人には到底無理があります。

 

クリニックにしても、自分の所で扱っている薬を処方する傾向があるので、意外に効果が無いケースが多いんです。

 

アレルギーの原因にも個人差があるので、最初はクリニックで診察を受けて、自分のアレルギーの原因を見つける事が第一歩になります。

 

そのあと、自分に合ったお薬をインターネット通販で「個人輸入代行業者」から、安く購入するのが賢い方法ではないでしょうか。

 

>>>アレルギー性鼻炎薬の詳細はこちら<<<

アレルギー性鼻炎薬種類

ここで紹介しているアレグラなどのお薬は、眠気を引き起こす副作用がないことと、効果の即効性が高いことで知られる第二世代の「抗ヒスタミン薬」です。

 

 

花粉症、ハウスダスト、ダニ、カビなどアレルギー性鼻炎の症状を持っている人は日本人の30%もいるそうです。

 

特に花粉症はスギ花粉の飛散量の増加などによって、年々増加傾向にあります。

 

地方によって違いますが、スギ花粉は毎年2月から4月ころまで飛散し、ヒノキ花粉が3月から5月ころまで飛散します。どちらかにアレルギーがある場合は3ケ月くらい、両方の場合は4カ月以上も症状が続きます。

 

アレルギー性鼻炎は、スギ花粉などのアレルギーの原因となる物質により体内に生成された「ヒスタミン物質」が原因で、神経、血管が刺激され、結果として「くしゃみ」「鼻水」が発症する「アレルギー反応」です。

 

ヒスタミンは花粉(アレルゲン)が体内に入ると分泌される免疫物質です。ヒスタミンが分泌されるとそこに血液やリンパ液が集中して花粉を排除しようとする免疫反応が起こります。

 

その結果、花粉を洗い流そうとして鼻水や涙が出たり、花粉を吹き飛ばそうとしてクシャミが連発します。

 

抗ヒスタミン剤は花粉症の症状をおさえる効果がありますが、眠気や口の乾き、排尿障害などの副作用がありました。

 

また、長期間服用すると心臓に負担がかかる場合もありました。

 

このような欠点を少なくしたのが第二世代の抗ヒスタミン剤です。

 

副作用が少ないほかに、第二世代の抗ヒスタミン剤には効き目が早く出て、長時間続くというメリットもあります。

 

花粉症を根本的に治療する薬はまだありませんが、抗ヒスタミン薬は症状をすばやくおさえて、生活の質を高めるのに役立ちます。

 

>>>アレルギー性鼻炎薬の詳細はこちら<<<

アレルギー性鼻炎薬花粉症

花粉症の中ではスギ花粉が最もよく知られていますが、その他にもヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどの花粉によって花粉症が起こります。

 

戦後全国で植林された杉が盛んに花粉を飛ばすようになったことや、ペットを室内で飼う事が多くなったことなどが関係しています。

 

また、車の排気ガスや工場の煙など大気汚染がアレルギー反応を激しくするためだと考えられています。

 

花粉が原因で、ある季節にだけ症状を起こすものを「花粉症」と呼んでいます。

 

一方、ハウスダスト(ダニの糞など)が原因で、一年中、症状のあるものを「通年性アレルギー性鼻炎」と呼びます。

 

花粉の飛ぶ時期は植物によって大体決まっていますので、季節によって異なった植物による花粉症が起こります。

 

花粉症の治療として最近注目されているのが、減感作療法です。

 

アレルギーの原因となっている抗原を少量から少しずつ増やして皮内注射して行き、抗原に対する過敏性を減らす治療法で、根本的治療方法といえます。

 

週に1〜2回から始めて、次第に回数を減らし、月1回の注射を続けます。

 

ハウスダストでは70〜80%に効果がありますが、スギ花粉症では花粉の量が多いと、症状が出ます。

 

注射した抗原によりショックを起こすこともありますので、専門医による治療が必要です。 

 

また、治療には長期間(2〜3年間)を要するという欠点があります。

 

今まで花粉症ではなかった人も、ある日突然花粉症になることもあるので、油断はできませんよね。

 

花粉症を根本から治す方法を発見出来ればノーベル賞クラスでしょうし、今後の課題と言えるでしょう。

 

>>>アレルギー性鼻炎薬の詳細はこちら<<<

アレルギー性鼻炎スギ花粉

スギ花粉症のメカニズムを説明します。

 

鼻の粘膜の中にはアレルギーの細胞である肥満細胞があります。

 

スギ花粉症患者の場合、スギ花粉に対するIgE抗体が肥満細胞のまわりに結合しているんです。

 

このIgE抗体が溶けだしたスギ花粉の抗原成分を捕らえて結合して肥満細胞が活性化し、反応を生じます。

 

その結果、放出されたヒスタミンが鼻粘膜表面の神経を刺激し、くしゃみを起こし反射的に鼻汁の分泌を生じさせるんですね。

 

鼻の機能は呼吸する空気を加温、加湿、防塵することです。

 

花粉が鼻粘膜からはいると表面についた花粉は鼻の粘膜の上皮細胞にある線毛がベルトコンベアのように働く事により鼻の外に運び出されます。

 

運び出されなかった花粉は鼻の粘膜に付着し、抗原成分を鼻粘膜にしみこませます。

 

 

さらにヒスタミンは血管を刺激して鼻づまりの症状を引き起こします。

 

繰り返しスギ花粉との接触が多くなると、花粉症の症状は強まります。

 

結膜からも、肥満細胞上のIgE抗体と結膜の表面で溶けだしたスギ抗原成分が結合してヒスタミンが放出されます。

 

ヒスタミンも同じく結膜表面の神経を介して痒みを生じ、反射性に涙の分泌が増え、神経の過敏によって異物感が強くなるんです。

 

スギ花粉が最高に飛散したのは、1995年と言われていますが、毎年飛散量は増えているように感じるのは、スギ花粉症の人が増えているからなんでしょうか。

 

治療法も、薬物療法、レーザー療法などいろいろありますが、いずれも症状をやわらげる対処療法にすぎないんですね。

 

最近では、スギ花粉のエキスを舌下から患者の身体に吸収させて免疫を作る、「舌下減感作療法」などもあるようです。

 

いずれにしても、決定的な治療法はまだないというのが現状ですね。

 

>>>アレルギー性鼻炎薬の詳細はこちら<<<

アレルギー性鼻炎薬・漢方薬

最近は東洋医学が見直されてきていますよね。

 

インドの「アーユルヴェーダ」や中国の漢方薬などは、その代表的なものです。

 

漢方で考えるアレルギー性鼻炎は「冷え」「鼻づまり」「熱」と大きく3つに分類され、「冷え」の鼻炎は、春の花粉症シーズンに最も多く見られる症状なんです。

 

水のような鼻水が気づかないうちに流れる、1日中くしゃみが止まらないといったように、体内の水分が洪水のように激しく噴き出すことが特徴です。

 

症状から見ても、体内の過剰な水分がその背景にあることがわかりますよね。

 

 

アレルギー性鼻炎を起こす最も大きな原因は「体の中の過剰な水分のため」と漢方では考えられていますが、冷たい飲食物を摂り過ぎたり、過労やストレスが溜まったりすると胃腸の働きが衰え水分代謝が悪くなるんです。

 

こうなると消化吸収も低下するので、代謝されない栄養水が体内に残留物として残るようになります。

 

これらは病的な水分なので、体の生理機能に影響を与え、肺の防衛力も低下してしまうんでです。

 

体の中にいったん病的な水分が溜まると、水分代謝はなかなかよくなりません。

 

そのため、毎年この季節になるとアレルギー性鼻炎に悩まされるようになるんです。

 

このような「冷えの鼻炎」には、『小青竜湯( しょうせいりゅうとう)』が適していると言われています。

 

小青竜湯は、体を温め、水分代謝をよくし、発散作用によってアレルゲン(花粉)を除去する、という3つの働きによって、不快な鼻炎症状を改善する効果があるんですね。

 

また、症状そのものを抑えるだけでなく、花粉症の背景にある冷えや水分代謝を調整することで、鼻アレルギーを起こしにくくする効果があるんです。

 

また、「鼻づまり」には、『葛根湯加川キュウ辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)』が効果的と言われています。

 

『葛根湯加川キュウ辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)』は、葛根湯に川と辛夷という2つの生薬をプラスしたもので「つまった鼻を通す」ことを主な目的に作られた漢方薬なんです。

 

辛夷(しんい)とはコブシのつぼみのことで、昔から鼻づまりの民間薬として使われてきたものなんです。

 

漢方は天然素材から作られているため、副作用の心配も余りないので、身体に優しい治療法と言えますよね。

 

>>>アレルギー性鼻炎薬の詳細はこちら<<<


ホーム RSS購読 サイトマップ